「家」制度と墓のお話

「家」制度
家制度 ■家制度とは1898年(明治31年)に作られた民法に規定された日本の家族制度のことです。つまり、家族の中で誰か一人を戸主としてを継ぐ権限を与えていた制度のことです。これは江戸時代の武士階級の「家父長制度的」な家族制度を基にしたと言われています。
■ちなみに、一般庶民にとっての「家」的な概念は江戸中期の「寺檀制度」以降に生まれたものです。
■江戸中期、キリシタンが到来し、その広がりを恐れた幕府は「寺檀制度」というものを作って全ての民を近くの寺に帰属させました。これが「檀家」の始まりです。その時、日本中の民は必ずどこかのお寺の信者にされたのです。 キリシタン
■そして、寺檀制度の原簿になったのが「家」であり「名字」でした。「家」を継ぐ責任者を「家長」とし、家長はおもに長男がなりました。そのなごりが、今の社会にも継承されています。
無縁墓 ■1947年(昭和22年)の民法改正で「家制度」は廃止されましたが、実際上は家族の誰かが「家」や「お墓」を継ぐ習わしになっています。
■ところが、昨今のように核家族化と少子化が進むと、一人っ子同士が結婚するケースが増え、どちらかの家系が途絶えることになってしまいます。「家」や「お墓」は家長が継ぐものという概念はおろか、継承者さえ存在しなくなってしまう状態が起こっています。

石のお墓は明治以降

■一般庶民にとって「家」の歴史は江戸中期からですから、ほんの200年にも満たないものです。では、「お墓」の歴史はどうでしょう。実は、お墓の歴史は家制度より、もっともっと浅いのです。
■庶民に、お墓が作られるようになったのは明治以降に「火葬」が行われるようになってから。つまり、お墓の歴史は100年程度にも満ちません。それまで、遺体は山中に埋葬または遺棄されていたのです。
■事実、今でも土葬をしている地域や村落が存在します。大正から昭和の初め頃までは、まだ「土葬」の方が多かったくらいです。
土葬
火葬がお墓の始まりだった
■「土葬」の場合、お墓を建てても納骨する遺骨がありません。つまり、火葬する習慣ができたからこそ「焼骨」というものができ、「遺骨」や「遺灰」という概念が生まれたのです。山中に埋葬された遺体が白骨化するのを待って再び掘り起し、その遺骨をお墓に納め直すなどということはしませんでした。
■もちろん、由緒ある家柄の人は山中に埋葬しても、お寺の境内にお墓を建てることはありました。これを「両墓制」と言いますが、それはごくごく一部の人に限られていました。 火葬場
■もちろん、その場合のお墓に遺骨は入っていませんでした。お墓はあくまでも家柄や権威の象徴として建てられ祀られたのです。
■こうして見ると、今、私たちが何気なく「先祖代々の墓」としているお墓にしても、たかだか100年程度の歴史しかなく、しかも、そのほとんどは三代以内の遺骨しか納められていないということに気が付きます。

お墓の無縁墓化

■実はこれからの社会、せっかく建てたお墓が四代目・五代目へと受け継がれる可能性は極めて低いということです。
すでに、三代目を超えたあたりから「無縁墓」が誕生し始め、今では年率10%を超える勢いで増加しています。無縁墓とは、守ってくれる人がいなくなったお墓のことです。
無縁墓03
■もちろん、無縁墓を管理してくれるお寺や墓苑などありません。やがて、そのお墓は廃棄処分の対象となってしまいます。こうした問題は、少子化や核家族化に加え「無宗教化」が起因しているとも言われています。もちろん、単に遠方に建ててしまったお墓の維持が困難になってしまったという理由もあります。
■いずれにしても、もうこれ以上、日本中でお墓を建て続けることに限界が来ていることは間違いありません。仮にこのまま日本中でお墓を建て続ければ、ほんの10年で東京ドーム140個分の墓苑が必要になると言われています。そんな墓苑開発は、都市周辺のどこを見渡しても不可能であることは論じるまでもないでしょう。

散骨・樹木葬が主流に!

■人口が急増している国、例えば中国では「散骨」が奨励され、韓国や日本でもそうした動きが広がり始めています。
■欧米では、「復活」を願うため埋葬しか認めなかったキリスト教徒の間でさえ散骨が普及し始めています。これは何を意味しているのでしょうか。
散骨
■もはや、この限られた地球上にお墓を作り続けることの限界感は、世界共通の認識になりつつあることを物語っています。幸い、インドでは焼骨を母なるガンジス河に流す習慣があり、中国では今でも土葬が当たり前、だからこそ国土が自然の摂理のままに守られているのです。

手元供養

■手元供養とは、散骨や樹木葬のあと、少し残しておいたご遺骨を手元に置いて供養することです。
■手元供養にする目的はいくつかあります。まずは、お墓の維持の問題、次に宗教の問題、そして何より後継者に経済的な負担をかけたくないということがあげられます。
合掌 ■お墓の建立がが難しい時代になってしまったことは前述の通りですが、お寺の永代供養にしても費用は馬鹿になりません。
■もちろん、故人を供養するために使われるお金の多寡を一概に判断することはできませんが、少なくとも「お金をかけること」と「供養の質」とは無関係であることは確かです。
■また、特定の宗教儀式によらなければ供養ができないのであれば、供養する人にも故人と同じ宗教を強いることになってしまいます。これもまた、信教の自由を侵すことになります。やはり、供養に「儀礼」や「儀式」は不要だという観念に行き着くのではないでしょうか。
■供養の本質は心の中にあるもの。たとえば故人が残した小さな腕時計ひとつに思いを込めるだけでも立派な供養になるはずです。何も、高額な「戒名料」を支払ったから、あるいは、より大きなお墓を建てたからと言って故人が救われる訳ではありません。大切なのは、真摯な気持ちで自然の摂理に向かい合う「心」だと思います。

自分だけのパワースポット

パワースポット パワースポット01
■偶の森のは手元供養のためだけでなく、生前にはご自身のパワースポットとして大切に祀ることができます。樹木葬や散骨を望まれる方、お墓を建てないと考えておられる方には、後に手元供養を託すご家族のためにも生前から準備しておくことをお勧めします。生前から魂を込めた偶があれば、ご遺族が迷うことなくその意志を叶えてくれるはずだからです。
■偶を生前のパワースポットとして祀る場合は「願い事」を書いた紙を収蔵しておきます。人は祈ることによって自らの魂を育成させ不思議な力を身に着けることができます。祈りの心を持っている人が輝かしく活き活きと生活できるのはそのためです。

01 このページのトップに戻る

備前焼

備前焼
備前焼・炎
備前焼・登り窯
 備前焼・割木

メニュー

偶の森 偶(ぐう)

地蔵 天球01
地蔵(じぞう) 天球(てんきゅう)
53, 000円(税込) 53, 000円(税込)
50×50×115mm 80×80×80mm

蓮如 備前焼・鞠姫
蓮如(れんにょ) 鞠姫(まりひめ)
53, 000円(税込) 45,000円(税込)
65×65×115mm 70×60×75mm

備前焼・藁屋根
四方塔(しほうとう) 弥勒塔(みろくとう)
32,000円(税込) 32,000円(税込)
50×50×75mm 60×60×105mm

備前焼・天猫 備前焼・天犬
天猫(てんびょう) 天犬(てんげん)
36,000円(税込) 36,000円(税込)
100×65×75mm 120×75×65mm
四方嶺(しほうりょう) 大地(だいち)
32,000円(税込) 45,000円(税込)
60×60×85mm 75×75×75mm

六華根(ろくかこん) 宝壺(たからつぼ)
32,000円(税込) 45,000円(税込)
65×65×80mm 80×80×75mm